宮城・日本三景松島・東松島・利府・塩釜のウォーキングツアー
E-mail:goshurun924@gmail.com

御朱走をはじめてから知ったご先祖さまのこと

御朱走をはじめるにあたり松島湾沿いの市町村の郷土史を読んでいます。わたしの御先祖さまのことも書いてみようと思います。そしてそれを読んでの感想も書きました。お付き合いくださいm(__)m

1615年大坂夏の陣で敗戦し、伊達政宗公を頼って千葉から船で浦戸にやって来た長南和泉守(いずみのかみ)率いる長南一族が私のご先祖様にあたります。約400年前のことです。家系図を見ると嘉吉系5代目勇吉さんの三男・杢左衛門さんが私の祖父・勇さんの実父にあたります。
このご先祖様たちは再度戦いに向かうことなく寒風沢で刀を置き農民になりました。翌1616年、寒風沢築港に着手、1632年、寒風沢港を開港し廻船問屋業を始めます。主に伊達藩の貢米を江戸に送り、赤松が主だった松島に黒松を植える事業も行っていました。一族トップの和泉守は瑞巌寺の雲居国師より松島の栽松事業を評価され賞状と「栽松道本信士」という法名をいただいています。廻船問屋業は当時流行ったそうで石巻の湊に分家し開業しました。
ランニング時、大沢平から見る松島湾が好きですがこれはご先祖さまたちが植えた松が見えるから!?向こうは浦戸だからと想像したり。
震災の翌年、松島から自足で石巻の湊にいたボラ仲間を訪ね走りに行ったことがあるのですが今思うとこういうご縁があった場所だったんだと思ったり。
石恋の宮戸ウォーキングイベントに申し込み、それがきっかけで宮戸を歩くようになったんですがのちにご先祖さまの菩提寺が観音寺だったことを知ったり。
はじめて寒風沢を訪ねた時、「一人でお墓参りに行くもんでない!一緒に行くから。」と偶然知り合った女性にご先祖さまのお墓まで案内してもらったり。
2度目の寒風沢訪問の時、歴史に詳しい年配の男性に「珍しいなぁ、なんでこんなところを歩いているの!?」話しかけられ、その男性と話していてハッと気づいたことがあったんです。
千葉から命からがら脱出し、すべてを捨てて地元の人たちに迎い入れてもらったのだろうと。考え方が柔軟で変化に強い一族だったのではないかと。これは私の妄想ですが寒風沢に行ったことで400年という歳月がそう遠くないような気持ちになりました。
この一族は明治になって仙台藩が解体すると江戸時代に着工した港の建設費用の借金を抱えてしまい寒風沢から離散していったのです。
松島の小さな神社巡りから始まった御朱走ツアー。歩いたり走ったりしているところが偶然にもご先祖さまたちの足跡が残っているような地域なので私も不思議な気持ちで歩いています。
ご先祖さまたちはお江戸に物資を運んでいましたが御朱走ツアーは人(送客)とハート(感動)を運んでいると思いながら日々取り組んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です