宮城・日本三景松島・東松島・利府・塩釜のウォーキングツアー
TEL:090-3752-6967
E-mail:goshurun924@gmail.com

26th.塩竃・浦戸秋祭りウォーク・野々島・桂島終了

こんにちは!2019年後期・御朱走のレギュラーツアーがスタートしました。26本目、9/8(日)浦戸桂島・松崎神社の秋祭りにあわせての企画です。

集合場所は野々島桟橋。各自汽船の切符を買って乗船し、下船した野々島桟橋で点呼をとってウォーキングをスタートしました。

最初の訪問は熊野神社。こちらにはキリシタン仏のあるそうです。その当時、この島にもひっそりと身を寄せ合って祈りをささげた人々がいたんですね。

次女が撮影。次に行く場所を確認している画ですね。

こちらは椿のトンネル。トトロのめいちゃんの気分です(怒らないでくださいね💦)こういうところを歩くのが楽しいのです♬

来訪した人が気持ちよく歩けるようにとの島の方々は島の手入れに一生懸命です。下の画像は来年も綺麗に咲くようにと剪定されたあじさいです。

 

宇内浜です。後方に寒風沢島が見えます。

 

夜泣き地蔵と六地蔵。6つのどの道にいってもこのお地蔵様が救ってくれます。

 

墓地から下って桟橋の方へ向かいます。

 

野々島の最後の立ち寄り箇所。観音堂です。はしごを登ってお参りします。

 

明治までこちらに熊野神社があったそうです。隠れキリシタンの人々はここにお参りにきてたんですね!先人たちが歩いた小径を私たちも歩きました。

 

観音堂の奥にあるお稲荷様の屋根の石の△のデザインは初めて見ました。なんとも斬新!

野々島は1時間10分の滞在でした。桂島へ渡ります。

 


いよいよ桂島です。今日のメインは松崎神社の秋祭りの見学です!お昼は石浜でとりました。猫ちゃんたちも一緒でした。

 

おなかを満たしたので津森山に上ります。

 

ところが・・・津森山に入る手前で高校生2人が蜂に刺されてしまったのです。御朱走で蜂刺されとは初めてのこと。参加者の方に早急に処置をしていただいたおかげで2人とも無事でした。この出来事は運営者としての不十分さを省みることとなり、その一方で参加者の方々の手際の良さや優しさに感動しました。

幸い、蜂に刺された男の子とそのお母さんが冷静に対処してくれたことにも救われました。スタッフとして参加した娘が「私で良かった。」と刺された直後に発した言葉にも驚きました。娘も成長していると感じた瞬間でした。

高校生2人には大変痛い思いをさせてしまいましたが、運営者として通らなくてはいけない道をこの2人から与えてもらったと解釈し、次はしっかりと準備をし対応できるよう努めて参ります😊この2人に御朱走を助けてもらいました。

津森山は断念し、鬼が浜へ向かいました。

ここで撮った写真を今回のフェイスブックのカバーにしました。青い空がとても綺麗でした。


その後、ステイ・ステーションに立ち寄り氷をいただき子供たちの患部を冷やしました。すると島の小学生がポイズンリムーバーやヒヤロンを届けてくれたのです。浦戸諸島在住の唯一の男の子の優しさに心が温かくなりました。本当にありがとうございました。

そうこうしていたらステーションにお神輿がやってきました。

お神輿の担ぎ手のラン友の大場さん。訪問時、いつもサポートしてもらっています!

 

「皆さんもどうぞー」とお振る舞いをいただきました。以前、島に訪問した際も、同じように飲食をさせてもらったことがありました。

 

キュウリ漬け美味しかったです。ごちそうさまでした!

 

お振る舞いをいただいた後は海岸でのお神輿の入水を見学しました。

海が荒れていて担ぎ手の方々も大変そうでしたが無事、海から上がりました。

 

お神輿と別れて私たちは一足先に桂島神社へ向かいました。鹽竈さまの末社の一つなんだそうです。伝統ある立派な神さまです!

みんなにご利益がありますね!

まもなくツアーは桂島の桟橋にて解散です。今日歩いた14名の脚円陣。皆さんお疲れさまでした。全員歩き切りました。

最後の記念撮影です。

皆さんお疲れさまでした。一人一人の優しさを沢山感じたツアーでした。

次回は9/22(日)東松島市・宮戸の奥松島オルレ10キロを歩きます。

初心者大歓迎です。イベントの詳細です! http://goshurun.com/2019/07/09/27th-9-22宮戸/

引き続き御朱走をよろしくお願いいたします。

御朱走松島 鈴木由美子 フェイスブック☟

https://www.facebook.com/yumiko.suzuki.shanti

御朱走フェイスブック☟

https://www.facebook.com/goshurun/

来年も楽しみです!お神輿大好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください